実家の片付け~遠方or多忙編~

帰省

 

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、すっかりお正月休みも終わりました。

お正月は実家に帰省された方も多いことと思います。

そして、久しぶりに実家のご両親に会い、ご両親の身辺が心配になってきた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

高齢の親が住むご実家の片付けについて以前記事を書きました。

実家のお片付け~久しぶりの帰省編~

 

今回は、実家が遠くてなかなか様子を見に行けない方、片付け(生前整理・遺品整理)が難しい方のためのお話です。

 

気になる実家整理問題

 

例えば、

東京在住在勤の50代の方。

ご実家は、関西でなかなか行き来出来ない。

親はもう80代後半、父は亡くなって母だけとなり、一人暮らし。

老いていく心配。

「そろそろ一人にはしておけないな・・・」

「介護住宅検討かな」

「あぁ!片付けもやらなくちゃ・・・」

「大切なものと捨てていいものと、わけなくちゃな・・・」

 

などなど、心配事がたくさんあることでしょう。

 

散らかっている実家

 

実家に帰省してみたものの、物があふれてしまっていて年老いた親は片付けられなくなっていた、なんとか片付けてスッキリさせ、安心安全に暮らしてほしい。

一緒に片付けてあげたいけど、遠くてなかなか行けない。

または、多忙でなかなか行けない・・・

 

そんな時、ご相談ください。

当社では、全国へと対応しております。

 

遠方の実家の生前整理・遺品整理

 

実際にどのように対応しているか、お話しますね。

 

ケース1:少しなら立ち会えるけど、頻繁に実家に通うのは無理。

お見積り時には立ち会っていただきます。

一度家の中、お荷物の状況等を拝見させていただき、その後の作業はお任せいただきます。

鍵を預かり、依頼主様は実際の作業日には立ち会っていただく必要はありません。

また、詳細の写真等を添えたご報告をさせていただきます。

 

ケース2:まったく立ち会うのが難しい。

依頼主の親族や信頼できる知人が現地近くにお住まいであれば、鍵を開けていただくこともあります。

まったくそういった方がいない場合、当社スタッフが責任をもって鍵を預かり、現地立ち合いなしでも対応できます。

その場合のお見積り、作業内容の確認、報告なども安心していただけますよう工夫しながら密に連絡を取りまして対応してまいります。

 

ケース3:いないところで作業されるのは不安。1回で終わるなら、作業も立ち会いたい。

なかなか頻繁に通うことは無理でも、計画的に2回ご実家に行くのが可能であれば、お見積り時の立会いと作業時立ち合い、両方可能になります。

当日は作業量により複数のスタッフをそろえ、短時間で効率よく作業を終わらせることができれば、お客様のご負担も極力減らすことができます。

 

上記のように様々なケースに対応してまいりました。

ご安心いただければと思います。

 

仏壇

 

まとめ

 

遠方の実家整理は、多くの方が悩まれることだと思います。

高齢のご両親に、シニアライフを快適に暮らしていただくためにも必要なこと。

さらに、遺品整理をしなければいけない時も、ご実家が離れていたり多忙でなかなかできなかったり、といった事があります。

私たちプロが、お客さのご事情やお気持ちに寄り添い、最善の方法で対応させていただきますので、なんでもご相談ください。

お問合せはこちら

 

TOPへ